フォト

MORE
CLOSE

メンバー

位置
No.
選手名
位置
No.
選手名
監督
岡本 武行
竹本 一彦

試合環境

スタジアム
NACK5スタジアム大宮
入場者数
1,139人
天候 / 気温 / 湿度
曇 / 20.2℃ / 30%
主審
井脇 真理子
副審
山本 真理、的崎 睦子
第4の審判員
井口 朋恵

記録

SHOTS
1
15
FREE KICK
7
12
CORNER KICK
1
8

レポート

試合は若手の選手を多く起用したアウェイの日テレ・東京ヴェルディーベレーザが果敢にシュートを放つ展開に。対するホームの大宮アルディージャVENTUSは、ゴールキーパー#1望月ありさを中心に粘り強くゴールを守り、スコアレスで試合を折り返します。66分、東京NBはゴール前のこぼれ球に反応した#6宮川麻都が、見事な足さばきからシュートを放ち先制点を獲得。その後、大宮Vは選手交代を多く使い対策をするも得点には繋がらず試合終了。東京NBは4連勝となりました。

コメント

大宮アルディージャVENTUS
監督
岡本 武行

多くのサポーターが来ている中で勝利できなかったことは悔しく思います。ゲームプラン的には0-0の時間を長くすることだったので、前半は上手くいけたと思います。後半は攻撃のところをもう少し活性化できたらと思っていましたが、なかなかチャンスを作ることができませんでした。上位チームに対して攻撃のバリエーションを増やして精度を上げていくことが大事だと思います。

続きを読む

MF7
山崎 円美

チームとして7戦勝利が無い中6戦引き分けで、ホームなのでどうしても勝ちたかった試合でした。結果的に負けてしまったので悔しいですが、今日できたこととできなかったことを整理して、次戦に向けて準備していきたいと思います。

続きを読む

GK1
望月 ありさ

最近の試合では早い時間に失点してしまうので、まず失点しないことを考えてプレーに入りました。その中でディフェンス陣全体で、しっかり守りから入れたので大きかったと思います。後半に入り、立ち上がりにピンチもあった中全員で防げたので良い流れに乗れたと思いましたが、攻撃の回数も少なく終始押され気味ではありました。1つのチャンスで決められてしまったので改善しなくてはいけないポイントだと思います。その後何度かチャンスがあり、流れを掴めたと思ったところでの決定力が足りないと思いました。徐々に良くなってきていると思うので、良いところは今後も試合を続けていきたいと思います。

続きを読む

日テレ・東京ヴェルディベレーザ
監督
竹本 一彦

次節にINAC戦を控える中はありましたが、今日の大宮戦の重要度は選手に共有していました。今日初先発の選手が3人いましたが、どういう入りをしていくかが前半の大切なポイントでした。良い入りをしてくれたので得点を決めたかったのですが、前半は0-0でした。前期対戦した時は大宮さんの堅く粘り強い守備に対して0-0で引き分けているので、それを乗り越えて勝利、得点というところを皆で共有してから後半に臨みました。後半から投入された宮川選手が決勝ゴールを奪って1-0で勝つことができました。失点も0でクロージングできたので、自分たちが求めていた試合はできたと思いますが、次の試合に向けては更なる決定力、自分たちの時間の時にもう少し得点を取ること、相手の時間の時にどうやって凌ぐかなど、勝負にこだわった試合の進め方というものを目指したいと思います。大宮さんに対しては1-0で勝てて前期より結果が出たのでそこは評価して、次に進みたいと思います。

続きを読む

DF30
宇津木 瑠美

相手のシステムが4-4-2だったので、自分たちがもっと攻撃的に、アグレッシブにやれたら前半でゲームの動きがあったのかなと思います。個人的にはもう少しサイドを攻略できるチャンスがあったので、前半の立ち上がりでもう少し攻撃的な動きができればよかったと感じました。今日は選手たちがしっかり結果を残せたので、チームとしての絆やレベルが少しずつ上がってきているので良かったかなと思います。

続きを読む

DF6
宮川 麻都

前半は0-0で、今日は少し厳しい試合になるなと思っていましたが、結果的に1点取れました。最後は守備の時間が長かったですが、結果的に勝つことができてよかったです。

——前期対戦した時と比べて成長している点

前期の試合もベレーザがボールを支配している時間が長かった中で、決定力が足りず結果的に0-0でした。今日も多くチャンスがありましたが、その中で1点とれたことがチームとして成長しているなと感じます。

続きを読む

PARTNERS