フォト

MORE
CLOSE

メンバー

位置
No.
選手名
位置
No.
選手名
監督
竹本 一彦
猿澤 真治

試合環境

スタジアム
味の素スタジアム
入場者数
1,591人
天候 / 気温 / 湿度
晴 / 23.2℃ / 57%
主審
草処 和江
副審
緒方 実央、中本 早紀
第4の審判員
柳 彩乃

記録

SHOTS
19
6
FREE KICK
6
9
CORNER KICK
15
3

レポート

初のJリーグ・WEリーグの共催試合となった一戦。序盤から日テレ・東京ヴェルディベレーザが主導権を握ります。リードして迎えた後半の立ち上がりに、#17藤野あおばのWEリーグ初得点が決まり試合を優位に進めますが、ジェフユナイテッド千葉レディースは後半から出場した#20大澤春花が61分、70分と立て続けにゴールを奪い同点に追いつきます。さらに試合終盤に#8岸川奈津希のクロスに飛び込んだ#15千葉玲海菜が決勝点をマーク。2点のビハインドを跳ね返した千葉Lが逆転勝利を収め、3位に浮上しました。

コメント

日テレ・東京ヴェルディベレーザ
監督
竹本 一彦

今日はJリーグ・WEリーグ初のダブルヘッダーで味スタでの開催、メモリアルなゲームという意識をチーム全員で持ち、この一戦に勝ってファン・サポーター、スポンサーの皆様、チーム関係者に良い試合を見せようという気持ちで臨みました。結果的には笑顔になれなかったので、非常に残念な試合でした。チーム全体で先制点というところを前半のポイントにしていたので、先制点を取れたことは良かったと思います。後半2点目を取れた後、3点目のチャンスが数多くありましたが、3点目を取れなかったことが今日のような結果になってしまったと思います。2-0から2-3にひっくり返されてしまい、拙い試合運びを見せてしまったことが大いなる反省点です。全体的に前がかりになるのであれば3点目を取るべきだったと思います。もう少し落ち着いてゲームを進めることが勝ちに繋がったのではないかなと感じますが、同じテンポでサッカーをやってしまったところが今日のゲームの反省ですし、次に繋がる勉強点です。選手たちには決して試合内容すべてが悪いわけではなく、自分たちのゲーム運びをもう少し改善して、勝利を呼び込めるようにしたいと伝えています。

続きを読む

FW17
藤野 あおば

——試合を振り返って

サポーターの方々の声援が普段の試合よりすごく多かったと感じました。試合前は緊張しましたが、ワクワクした気持ちで試合に臨みました。

——WEリーグ初ゴールとなりました

今日の試合も他の試合も、自分がボールを持ったら自信を持って仕掛けていきたいと思っています。カットインしたときに自分の前にスペースがあったので、思い切り振り抜いたシュートが入ってよかったです。

続きを読む

FW19
山本 柚月

——試合を振り返って

前半は自分たちが良い流れでボールを持ちながら試合運びをする中で自分自身が得点を取れ、後半に入ってからも自分たちの流れで追加点が取れたことは良かった点だと思います。3点目を取りにいきましたが、良い流れの中で決められなかったことが悪かった点だと感じています。相手がロングボールを多用してきた中で、自分たちが戦い方を変えられずに3失点してしまったので、試合自体を悪くしてしまったと思います。

続きを読む

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
監督
猿澤 真治

——残り3試合どう戦っていくか

自分たちの力を出し続けることができるかどうかという点が鍵になってくると思います。力がないことはないので、色々な流れもあり難しいこともあるかもしれませんが、しっかり準備して勝ち切りたいと思います。

——ビルドアップについて

前半は自分たちの流れを全く作れず、判断が遅れてしまいました。ボールを持っている選手よりサポートの選手に(判断を)早くしようと声はかけていて、歯車がかみ合い始めるとゴール前までいける状態になりました。力はついているけど自分たちで引き出すところがまだまだかなと思います。

続きを読む

MF8
岸川 奈津希

前半の流れが悪い中で失点してしまい、なかなか自分たちで立て直せず、攻撃もできないままハーフタイムを迎えました。後半は選手も少し入れ替わり、もう一度自分たちがやるべきことをしっかりやろうと後半に臨みました。後半の早い時間に失点してしまったので、皆の表情も暗く、頭も下がっていて難しい展開になってしまうと思いましたが、自分たちの守備や攻撃が機能し始めた中で、最後3点取って勝つことができたので良かったです。

続きを読む

FW20
大澤 春花

——得点シーンを振り返って

1点目はゴール前で前を向いてボールを持つことができたので、自由にプレーできたと思います。カットインしたときに岸川選手が横に見えたので、千葉選手から自分へのイメージができていた中で岸川選手にパスを出しましたが、少しずれてしまいました。それでも、イメージ通りのゴールを決めることができました。2点目はショートカウンター気味でスペースがかなりありました。右に千葉選手が走ってくれたおかげで相手もそこに引っ張られていて、自分も1対1で勝負することができたので、しっかり追加点を奪えて良かったです。

続きを読む

PARTNERS