NEWS

リリース
2023.09.15
2023-24 WEリーガー研修 レポート

公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)は、7月4日(火)~6日(木)に「2023-24 WEリーガー研修」をオンラインにて開催しました。



EMPOWER YOURSELF

2021-22のテーマは、 「自分の力POWER(長所)を見つけよう」。2022-23のテーマは、 「自分の力POWER(長所)を表現しよう」。

そして、今季のテーマは、「自分のPOWER(長所)を伝えよう」。

自分のPOWER(長所)を認識し、表現し伝える。Women Empowerment Leagueというリーグ名の通り、 「自分の“POWER”(力・長所)に気づき、周囲に力を与えること(=Empowerment)」を研修の狙いとし、力を蓄えるために必要な知識や内容を経験豊富な講師から学ぶことを研修の目的としています。

4 日(火)は新人選手のみを対象に、スポーツ医学やお金の話、自分の強みを言語化することなど、新人選手に特化した全4回のプログラムを受講しました。

5日(水)・6日(木)は全選手を対象とした全5回のプログラムのなかで、吉田麻也選手や槙野智章さんから「プロフェッショナル」に関してお話を伺いました。そのほか、メンタルヘルスやメディアトレーニング、性の多様性についても知識を深め、プロサッカー選手として何ができるか、自覚と責任をもって行動・発信していくためのきっかけをつくる研修となりました。

2023-24 WEリーガー研修
主催

公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ

開催日程

2023年7月4日(火)・5日(水)・6日(木)

場所

オンライン形式

受講選手数

7月4日(火) 初めてWEリーグ研修を受ける選手:41名

7月5日(水)・6日(木) WEリーガー全選手:201名 

※午前/午後に分かれて受講

※アマチュア選手の受講は任意とする

※「FIFA 女子ワールドカップ オーストラリア&ニュージーランド 2023」に選出された選手は、後日動画視聴にて受講する。

研修プログラム

別紙参照

小林美由紀 理事(WEリーガー研修担当)コメント

WEリーグは2シーズンを終え、選手達にも「プロフェッショナル」としての自覚が芽生えてきたと感じた研修となりました。特に、吉田麻也さん、槙野智章さんを迎えた「プロフェッショナルとは」の講義では、選手がファシリテーターとなり、ゲストに質問をしていく形式をとったのですが、お二人のゲストの言葉の力に頼るところは大きかったとはいえ、選手たちの進行も素晴らしく、質問も具体的で、やりとりもユーモアもあり、まるでトークショーを見ているようでした。

 その他の講義でも、普段はあまり聞くことのできない講師陣に恵まれ、選手たちは、3年目のシーズンに向けて、いいスタートが切れたのではないかと思います。

参加選手からの感想(抜粋)

AC長野パルセイロ・レディース 福田ゆい選手

とても身になる講義ばかりだったのと、1年前と同じ講義も一年前とは感じ方が違い面白かったです。プロとして、WEリーガーとしてもっと自分にできること、クラブとしても個人としても責任があるのだなと思いました。


アルビレックス新潟レディース 白井ひめ乃選手

今回の研修ではたくさんの学びや発見がありました。学校では学ぶことができないことも学べたし普段生活する上で考えなかったことや、グループワークを通していままで分からなかった自分についても知ることができたし、他の人の意見を聞いて自分では思いつかなかったような意見を聞くことができてとても有意義な研修でした。


INAC神戸レオネッサ 船田麻友選手

WEリーグ3年目を迎える中で、自分たちがもっと発信しないといけないんだと改めて感じました。セルフブランディングで、他との差別化をすること。自分を客観視することなど、目的達成のためにどう動くかを考えていきたいです。 また、地域の方々との連携、Jクラブとの連携、ファンサポーターの皆様との連携を取り、魅せられるような取り組みをしていきたいと思いました。

PARTNERS

スタッツバナー