マイナビ仙台レディース

ユアテックスタジアム仙台/キューアンドエースタジアムみやぎ

東日本大震災により休部した東京電力女子サッカー部マリーゼが移管し、2012年ベガルタ仙台レディースが発足。2017年に株式会社マイナビとタイトルパートナー契約を締結しマイナビベガルタ仙台レディースとなりました。
2020年10月にWEリーグへの参入が正式決定。今シーズンからは「マイナビ仙台レディース」とクラブ名を改め、活動をスタート。今年は東日本大震災から10年という東北にとって節目となる年。選手達の熱いプレーが多くの方に届くような盛り上がりをともに作っていきます。仙台、東北から日本全国、全世界に向けて、感動や勇気を与え、開幕初年度から歴史に名前を刻むべく、WEリーグ優勝を目指し活動してまいります。
また、クラブコンセプトを「日本でいちばん、“ひと”が育つクラブへ」を合言葉に、クラブにかかわる一人ひとりが、女子プロサッカー選手という新たなキャリアパスを切り拓く先駆者であるという自覚を持ち、サッカーを通じて人間性を育みながら、成長を追求し続けていきます。

スローガン

SHOOT FOR THE STARS

  • クラブエンブレム

    マイナビ仙台レディースの本拠地である仙台を象徴する「仙台七夕まつり」。チームの前身であるベガルタという名称は、「織姫(ベガ)」と「彦星(アルタイル)」に由来しています。これまでの伝統を大切にしながらも、仙台に新しく誕生したプロスポーツチームとしての歴史を刻むため、ベガとアルタイルに加え、「夏の大三角形」を構成するデネブを含め、仙台市の市章をモチーフにしたデザインの上にひときわ輝く一番星として配置しました。エンブレムの形状としては、「調和」を象徴する正円を採用しました。

  • クラブカラー

    MYNAVI Blue(マイナビブルー)
    SENDAI Green(センダイグリーン)
    STAR Gold(スターゴールド)

クラブマスコット

マイビィ(Myviy)

マイナビの「マイ(MY)」とヴィクトリー(勝利)の「V」を掛け合わせ、サポーターのみなさんをはじめとした多くの方々に親しみを持っていただき、呼びやすい名前として「マイビィ」と命名いたしました。

性別:女の子、出身:デネブ(仙台育ち)、友達:ベガッ太、ルターナ(ベガルタ仙台 クラブマスコット)

  • ・特定の動物ではありません。
  • ・夏の大三角形の1つであるデネブという星をイメ―ジしたキャラクターです。
  • ・星と仙台市にゆかりのある月の兜、マイナビウェーブをモチーフとしています。

クラブ情報

  • 法人名

    株式会社マイナビフットボールクラブ

  • 所在地

    クラブハウス
    〒981-3206
    宮城県仙台市泉区明通1丁目1番地2 マイナビ仙台レディース棟
    練習グラウンド
    マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場
    〒981-3206
    宮城県仙台市泉区明通1丁目1番地2
  • 代表取締役社長

    粟井 俊介

  • アカデミー

    マイナビ仙台レディースユース
    マイナビ仙台レディースジュニアユース

  • 主な成績

    2012年
    東日本大震災により休部した「東京電力女子サッカー部 マリーゼ」が移管し、「ベガルタ仙台レディース」が発足
    プレナスチャレンジリーグ2012無敗優勝、なでしこリーグ昇格
    2013年
    プレナスなでしこリーグ2013を第5位で終了
    2014年
    皇后杯準決勝進出
    2015年
    2015プレナスなでしこリーグ1部 レギュラーシリーズを第3位で終了
    2015プレナスなでしこリーグ1部 エキサイティングシリーズ 上位リーグを第2位で終了
    2016年
    ベガルタ仙台レディース ジュニアユース発足
    2016プレナスなでしこリーグカップ1部〈Bグループ1位〉準決勝進出
    2016プレナスなでしこリーグ1部を第4位で終了
    2017年
    新チーム名「マイナビベガルタ仙台レディース」となり、株式会社マイナビとタイトルパートナー契約を締結
    2017プレナスなでしこリーグ1部を第4位で終了
    2018年
    マイナビベガルタ仙台 ユース発足
    2020年
    2020プレナスなでしこリーグ1部を第7位で終了
    2021年
    「マイナビ仙台レディース」発足
    株式会社ベガルタ仙台から株式会社マイナビに経営権を譲渡し、同年開幕のWEリーグに参入

PARTNERS