NEWS

レポート
2022.11.05
【大宮VvsEL埼玉】大宮Vが埼玉ダービーを制し、今季2戦目で初勝利【マッチレポート Yogibo WEリーグ 第3節】

大宮V 1-0 EL埼玉

11/5(土)14:00キックオフ NACK5スタジアム大宮

ホームの大宮アルディージャVENTUSは31分、右サイドを駆け上がった#6有吉佐織のクロスを、#14大熊良奈が体勢を崩しながら右足で合わせ、先制点を奪取。1-0で前半を折り返します。1点ビハインドで後半を迎えたちふれASエルフェン埼玉は、途中交代の#28佐久間未稀や#3松久保明梨が果敢にゴールへ迫りますが、大宮Vがゴールを許さず。ホーム開幕戦の大宮Vが埼玉ダービーを制し、前週はWE ACTION DAYを挟んだため今季2戦目での初勝利を収めました。

>>試合詳細はこちら

ハイライト

監督コメント

大宮アルディージャVENTUS

岡本武行 監督

ホーム開幕戦ということで、絶対に勝ち点3を取りたいということで選手と話をしました。その中で得点が入らない時間が長かったのですが、守備のところでは選手たちが身体を張って戦ってくれて、何とかゼロで抑えることができました。攻撃のところはもっとボールを動かして入りたかったのですがなかなかできなかったので、そこは次への課題だと思っています。そういった苦しい中で勝ち点3を取れたことを次に活かしていければと思っています。

選手コメントはこちら

ちふれASエルフェン埼玉

田邊友恵 監督

前半はボールを保持する時間がありましたが、ボールをしっかり奪いにいくところでは選手たちもフラストレーションが溜まる時間があり、その中の1チャンスでの失点は反省して次に繋げなければいけないと思います。後半に関しては選手交代もあって、入ってきた選手たちがしっかりとプレスをかけてボールを奪うことはできましたが、逆に押し込んだ時の得点力のところで、特に中央の崩しの部分のレベルアップが必要だと改めて感じました。

選手コメントはこちら

PARTNERS