NEWS

インタビュー
2021.06.02
【WE INTERVIEW #20】~小川愛選手(サンフレッチェ広島レジーナ)~


憧れだった選手と共に戦える“今”に全力を注ぐ

 

幼少期を数々の海外で過ごした小川愛は豊かなバックボーンの持ち主だ。貧困問題に触れたことでさらにサッカーに対する純粋さが増していく。ひたむきにサッカーと向き合ってきた小川がサンフレッチェ広島レジーナでプレーすることになったのはもはや必然。そこには海外の地で出会った憧れの選手たちの姿があり、彼女に無限の力を沸き立たせた。どんな些細なことでもすべて吸い取る!小川の学びのシーズンが始まった。

  

——とにかく濃厚な幼少期を過ごされていますよね。

はい(笑)。父の仕事の関係でミャンマー、ナイジェリア、ベトナムで過ごしました。確かな記憶として残っているのは、小学4年生から過ごしたベトナムです。貧富の差が激しい国で、サッカーをする環境が整っていなくて、女子サッカーチームを探したんですけど、結局入れたのは18歳の高校生がいるチームでした。英語は理解できないし、パスも来ない、試合にも出られない・・・。日本では自信を持ってプレーしていたのですが、すべてかき消されました(笑)

 

——確かにベトナムはピッチも芝と呼べるものを見つけるのは困難ですよね。

子どもたちがボロボロになったボールを楽しそうに裸足で蹴っているのを見てすごい衝撃を受けました。母に協力してもらい、いらなくなったスパイクを集めて寄付をしたらすごく喜んでくれて、その時の笑顔が忘れられません。サッカーボール一つ持ってリフティングをしていたら誰かしら集まってきてサッカーチームに混ぜてくれたり、ヒジャブ(イスラム教徒の女性が着用する)を被りながらでも果敢にボールを蹴っている友達の姿を見たりして、サッカーが素晴らしいスポーツだと肌で感じることができたのは貴重な経験です。

 

——WEリーグが掲げる地域貢献の理念は小川選手の中にはすでに根付いているんですね。

将来的には海外で貧困に苦しむ子どもたちにサッカーの楽しさを伝えたいです。大学生のときにバックパックを背負ってボールを持って、3週間かけてベトナム、カンボジア、タイ、ラオスを友達と周りました。子どもたちの目がキラキラしていて、仲良くなった子の家でご飯をご馳走になったこともありました(笑)。小学生のときはスパイクを寄付することしかできなかったけど、今なら自分自身がサッカーの楽しさをもっと教えることができる。そのためにもWEリーグで頑張ることが第一歩です。

 

——帰国して神村学園でサッカーに集中した6年間を過ごします。中学高校ですべてのポジションを経験されたそうですが、今のポジションは自分に合っていますか?

まだまだですけど、全体を見てバランスを取りながら周りの選手に合わせてパスやカバーをするので、自分の良さを出せる一番のポジションだと思います。プレシーズンマッチの初戦となった大宮アルディージャVENTUS戦は緊張でガッチガチでしたが、周りの選手に助けてもらいながらなんとかロングシュートも打てました。高校生のときから磨いてきたものなので、ロングシュートは常に狙っていきたいです。

 

——広島には経験豊かな選手が揃っていますよね。

全員上手すぎて目が行っちゃいます。近さん(近賀ゆかり選手)や福さん(福元美穂選手)は、私がベトナムに住んでいるときに、アジアカップに出場していたなでしこジャパンのメンバーで、実は全試合観に行きました!そのときに写真を撮っていただいた世界の選手がチームメイトになるなんて・・・。最初は毎日緊張しながら練習をしていました(笑)。お二人のおかげで戻ること、埋める場所、カバーする場所をすごく意識できるようになったと思います。

 

——今年の小川選手は〇〇が違う!というのはありますか?

今年の私は決意が違います!プレシーズンマッチで2,800人を超えるお客さんがチケットを買って試合を観に来るということにとても責任を感じました。これは今まで経験したことがなく、自分の中で大きな変化でした。期待に応えるため強い決意を持ってサッカーをしなければいけないですし、どうすればチームとして応援してもらえるか追及していきたいです。

 

——WEリーグ一番の〇〇な選手になるというのは何かあてはまるものはありますか?

サッカー選手として技術的なところはもちろん、社会人としても一番成長した人になりたいと思っています。ありがたいことに近さんや福さんと同じチームになれて本当に色んなことを学ぶチャンスですし、日頃からお世話になっているみなさんと関われる機会があり、社会人としても学びの多い日々です。この恵まれている環境に飛び込めていることに感謝し、まずはチームで求められていることに全力で貢献したいと思いますので、みなさん応援よろしくお願いします!





【プロフィール】

小川愛 (おがわ あい)

1998年9月23日生まれ、東京都出身

MF、背番号15

桜町SC → バディFC → 神村学園中等部 → 神村学園高等部 → 慶應義塾大学 → サンフレッチェ広島レジーナ

 

近賀ゆかり選手のインタビューはこちら

 

プレシーズンマッチ特設サイト

PARTNERS