ちふれASエルフェン埼玉

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

1985年に狭山市で「アゼリアFC」地域の少女チームとして発足し、長い間女子サッカーの普及と発展に取組んできました。地域の皆様から多大なるご支援を受け、日本の女子サッカーの新たな歴史を刻む一員として、地域の皆さまと共にWEリーグの理念に沿って女子サッカーの発展と女性活躍社会に貢献することを目指しております。クラブの拠点エリアである狭山市、飯能市、日高市とはホームタウン協定を締結させていただいており、埼玉県からも女子サッカーに特化したクラブとして、力強いご協力を賜り活動を進めております。ちふれASエルフェン埼玉は、このような女性アスリートの可能性を信じ、更なる成長を支えてくださる皆さまと共に、性別や年齢を超えたより多くの皆様が、女子サッカーというスポーツを通じて、感動や夢を感じていただけることを目的に、活動を行っております。

スローガン

Change Challenge Communication

  • クラブエンブレム

    魅力的なサッカーと女性の凛とした美しさを念頭に、シンプルかつ印象的なデザインを追求し、制定いたしました。エンブレムの3つのトライアングルは、それぞれにクラブのミッションである「女性アスリートの地位向上」「スポーツを通じて喜びや感動が溢れる社会創り」「魅力的なサッカーを実現し世界水準の選手輩出」の想いが込められています。

  • クラブカラー

    ELFEN BLUE(エルフェンブルー)
    地元埼玉を流れる清流の藍さ、日本を取り囲む海の青さを由来とし、女性ならではのひたむきで礼儀正しくフェアなサッカーを目指すクラブのカラーとして制定いたしました。

  • クラブ名の由来

    ASは前身となったアゼリアのAと狭山、埼玉、(県)西部のSを意味し、エルフェン(Elfen)はドイツ語で数字の11(elf)に由来する「サッカー選手(英語でイレブン)」を意味するとともに、英語で妖精を意味するエルフィン(elfin)を連想させることから「女性らしいサッカーをして欲しい」との願いから命名された。
    2016年シーズンから、ちふれ化粧品との命名権契約締結に伴い、チーム名が「ちふれASエルフェン埼玉」となる。

クラブ情報

  • 法人名

    株式会社エルフェンスポーツクラブ

  • 所在地

    クラブハウス
    〒357-0069
    埼玉県飯能市茜台3-11 ちふれホールディングス飯能工場内 
    練習グラウンド
    ちふれ飯能グラウンド
    〒357-0069
    埼玉県飯能市茜台3-11
  • 社長名

    田村 貢

  • アカデミー

    U-18:ちふれASエルフェン埼玉マリU-18
    U-15:ちふれASエルフェン埼玉マリU-15

  • 主な成績

    2009年
    なでしこリーグディビジョン2優勝
    2013年
    チャレンジリーグ:準優勝、なでしこリーグ昇格
    2016年
    なでしこリーグ2部:準優勝、なでしこリーグ1部昇格
    2019年
    皇后杯:第3位

PARTNERS